2009年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.26 (Sun)

おしゃれ

ママカット

ママが、バリカンを買ってきました。おっかなびっくりで、カットしてみました。一度めは、まさしく虎刈り
あまりにひどくがーん2 くじらちゃんショックガーン 気を取り直してもう一度挑戦ファイト 今度は、バッチリピース 初めてにしては、上出来でしょ♪


ゆかた

おねえちゃんに、ゆかたを買ってもらったよ。かお5
後ろ姿も見てねてへっ

ゆかた後ろ


ママのお友達からお洋服をもらったよ。天国へいったMシュナちゃんのかたみなんだって。
大切に着せてもらうね。ありがとうはーとトレーナー

レインコート

バンダナ

スポンサーサイト
23:42  |  わんこ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.18 (Sat)

アメリカ花水木

シンボルツリー
 

 我が家の庭のシンボルツリーです。樹高50センチ程の苗を買ったのは、20数年前。見事に育ち毎年花を咲かせます。ただ花に表年と裏年があるようで、今年は、たくさんの美しい花を咲かせました。表年かな♪ フォルテが生きていた頃、庭に出すと真っ先にこの木の下に行き、匂いをかいでいました。彼は、この木が好きでした。
と言っても私には、何の香りもしませんでした・・・・・・・でも、ある時、新聞記事でこの木が別名ドッグウッドだと知りました。単純な私は、「だから犬が好きなんだビックリ」まるで大発見でもしたかのように、そう思いこんでいました。でも二代目犬くじらは、あっさりと裏切り、見向きもしませんうぁぁんなんで、ドッグウッドなんだろう・・・・・・・・・・・

ドッグウッド

で、ちょっと調べてみました。ドッグウッドの語源は、わかりませんでした。でも、この木に秘められたお話を知ることができました。 ドッグウッドは、イエスさまが処刑される時、十字架用木材に選ばれて悩み苦しみました。そんな木の苦しみに気づいたイエスさまは、憐れんで、「これからは、十字架に使われる程には、育たないだろう」と木にお告げになったそうです。それから木は、8~10メートルにしか大きくならず、花は、長い花びらと短い花びらの二枚づつが十字架の形になり、花びらの縁がちょっとへこんでいるのは、釘の跡で、花の中心は、いばらの冠を思わせる形にしたということです。 
そう思ってこの木を見ると、やさしかったフォルテが好んでいた訳がわかったような気がしました。
いつか、この木の根元に、フォルテの骨を、埋めてあげたいと思っています。
23:25  |  わんこ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.09 (Thu)

作品

 新しいカメラを買いました。 うれしくていっぱい写真をとりました。今まで描きあげた作品も写真に収めました。その一部です。


花1  花2


ミューシャ  ボビータカシマ


キンケイド1  キンケイド2


キンケイド3  フォルテ1 
 

フォルテ2
  ゴールデン子犬1






15:32  |  ペイント  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.08 (Wed)

岩国城

岩国城     錦帯橋

 山歩会総勢82名で岩国城へ行って来ました。山陽自動車道の岩国インターを下り少し走ると
みごとな桜のトンネル絵文字名を入力してくださいその素晴らしさに感嘆の声、晴天の中の満開のさくら桜の木日本人でよかったルンバスを降りいよいよ出発、白山ひめ神社裏から山にはいりました。鬱蒼と木が茂った中を82人がまるでへびの様に登山道を上ります。山は、それ程険しくなく、、初心者の私でも楽に登れました。頂上のお城の周りでお弁当おにぎり 帰りは、登りのルートとは、また別で舗装された道を下りました。下りたさきの吉香公園の桜も素晴らしく、お花見のお客さんの多いこと。少し歩くと錦帯橋、川土手は、ピンクの霞がかかったように満開の桜が咲き乱れていました。時折はらはらと、落ちてくる桜の花びら、これも風情があって本当に美しい景色でした。はーとぉ


吉香公園     桜 岩国



13:22  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.04 (Sat)

フォルテのこと

  フォルテ
             フォルテ

 昨年の4月4日に、フォルテは、天国に旅立ちました。あれから一年 今日は、命日です。
彼が、我が家にきたのは、13年前のちょうど今ごろ。ペットショップで、やせっぽちの気の弱そうな小さなゴールデンレトリバーの子犬と目が合ってしまった私達家族は、何の迷いもなく彼を、家族の一員に決めました。それから、怒涛の様なワンコ生活が始まったのでした。小さな子犬は、風船が膨らむように大きく成長しました。いたずらも半端では、ありません。玄関ドア、靴箱、庭の植木、他・・・・彼にかじられた物は、数知れず、被害は家じゅうに及びます。又、力も強く、飛びつかれると大人でもころんでしまう程でした。でも、彼のやさしさや、ひょうきんさで、私たちは、どれ程慰められたことでしょう。彼は、私たちのカウンセラーでした。彼との思いでも沢山あります。キャンプ、ドライブ、海で泳いだり、山にのぼったり、・・・・・・・・・そうそう、彼は、雷が大っきらいでした。雷が鳴ると、パニックを起こし、家を飛び出し行方不明になり、家族を心配させたり、お兄ちゃんのベットでおしっこしたり、今では、懐かしい出来事です。
 フォルテが悪性リンパ種になったのは、8才になったばかりの時でした。治療しなければ2か月の命と宣告されたのです。絶対死なせない!私は、心に誓いました。一か月平均2本の抗がん剤の注射と毎日飲む薬、テルミー(線香を使ったマッサージ)、しかし、リンパにできた腫瘍は、小さくなっても消えることはありませんでした。でも、彼は、頑張りました。桜が咲くと花を見に出かけ、来年は、見れるかなと思いながら3回、そして4回目の桜の季節に彼は、静かに息を引き取りました。残念ながら、歩けなくなっていたので、最後の年の桜を見ることは、出来なっかたけれど、満開の桜のなかで天国に行きました。12才2か月でした。フォルテは私たちの宝物でした。 
フォルテ ありがとう
16:24  |  わんこ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。