2010年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.28 (Thu)

谷村新司コンサート

谷村新司ハミングコンサートに行ってきました。7年ぶりなんだそうです。
前回も行ったけれど、ついこの間の様な気がするのに、
7年も経っていたのです。 
時間ってあっという間ですね。
落ち着いたしっとりとした歌が続き、一緒に歌ったりして、
まさにハミングコンサートでした。
このままで終わり? と思ったら、アリス時代の歌が流れだし、
みんな座席から立ち上がって、手を叩きながらノリノリで楽しみました。
夫は、さっそくCD「音標」を買っていましたよ。

             谷村新司コンサートパンフ

帰りに、ワインバー「岡島」に寄りました。
前日は、結婚30年の記念日  だったので、2人でちょっとお祝いです。
マスターお勧めのシャンパン「アンリオ」で乾杯 
「 あっという間の30年だったね 」と夫婦の歴史を振り返ってみました。


                シャンパンアンリオ
スポンサーサイト
16:39  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.21 (Thu)

マロングラッセその後~

夫のマロングラッセ  は、一応完成しました。

         マロングラッセ3

糖液に5日くらい漬けた後、取り出して乾かしました。

         マロングラッセ4

甘いのだけど、仕上げのお酒が少ないのか、何か足りない感じ。
また、周りが固い。茹でる時たっぷりの水が必要なのに、
夫は、水の管理を怠り、栗が一度お湯から出ていて、
慌てて水を足した事があったので、それが原因だと思います。

次の日、夫は、にやにやしながらまた栗を買ってきました。
ぽかんとする私を尻目に、一人で黙々と皮を剥いていました。
リベンジだそうです。

「ガーゼに包むの手伝おうか?」と言うと

「ガーゼに包まない!」の返事

「???・・・・包まないとくずれるよ」と私

「大丈夫!!!」と夫。 

「・・・・・・・」 絶対無理! と思ったけれど、まあ、やれば分かると口出しをやめました。

今度は、慎重に水の管理。たっぷりのお湯で茹でる事 6時間 
見事に柔らかく、そして  バラバラ…
それを糖液につけて、5日間 お酒も多めに味は、合格 

      マロングラッセ5

マロングラッセと言うより、栗の甘納豆かな。
手を抜くと努力が水の泡になることを学んだでしょう。
美しく美味しく食べたければ、手抜き厳禁ですね。
でも、彼の頑張りに拍手です。 


11:43  |  料理  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.19 (Tue)

立山、宇奈月遠征

 1日目

福田山歩会の遠征で立山と宇奈月温泉へ行ってきました。
広島からバスで山陽、名神、北陸自動車道を通り
立山ⅠCを下り、立山室堂を目指します。
立山有料道路のゲートが5時半に閉じるのでそれまでには、
入っていなければいけません、休憩も時間厳守  
無事立山に入って安心したのもつかの間、
楽しみにしていた弥陀ヶ原は、ガスの中 
うす暗くなった室堂を歩くこと15分、今夜のお宿は、みくりが池温泉です  
立山や剱岳に登る人たちの山荘でもあり、
色々な決まりがあってちょっと緊張。
近くの地獄谷から引かれた温泉は、白濁していて、良いお湯です。
私は、3回入りました。
心配は、明日の天気。

                     みくりが池温泉

 2日目

物音で目がさめたのは、3時半。
もうこの時間から山を目指す人がいるのです。
4時まで待って、窓の外を見ると、なんと満点の星  
あまりの美しさに、部屋の人を起こし、外に出てみました。
星の名前は、あまり知らないけれど、
オリオンと北斗七星がすぐそこに見えて感動です  
遠く下のほうに富山の明かりが見えました。ここは、標高2430mの地です。
空が少しづつ白んできて山のシルエットが浮かび上がってきました。

             立山

山の本とにらめっこしながら、山ガール達  は、
「あれが雄山、あれが一の越、あれが、あれが・・・・」ともう夢中 
早くその美しい姿が見たくてもうワクワクです。

                   奥大日岳

気がつけば、見えていた明かりは、雲海の下に消えていました。
山は、午前中が良いとのこと。本当に朝の山は、美しい 
室堂の地獄谷周辺をトレッキングしました。
あこがれの剱岳がちらちらと姿を見せてくれます。
地獄谷の水蒸気も迫力満点、雷鳥がスターの様に現れて、
撮りたいならどうぞとばかりに岩の上でポーズをとってくれました。


   真砂岳  地獄谷

               雷鳥

みくりが池は、湖面に山や空が映り込み、神秘的できれい、
さすが北アルプスで一番美しい湖と言われるだけは、あります。

            みくりが池

室堂からバスで少し下って弥陀ヶ原にむかいました。
途中、剱岳の全景が見える場所で写真撮影 

       剣岳

霊峰と言われて、信仰の対象とか。本当に素晴らしい、
いつまでも見ていたい気持ちです。

その感動もつかの間、弥陀ヶ原の周りは、ガスの中  
山の姿も隠れてしまい、がっかり  
紅葉は、盛りを過ぎているようで、 
ななかまどは、葉を落とし赤い実だけが残っていました。

    みだが原 弥陀ヶ原 ななかまど

立山を後にして、今夜は、宇奈月温泉に泊まります。

 3日目

いよいよ最終日、トロッコ電車に乗って、欅平まで行きます  
吹き抜けの列車は、寒い 
しかし黒部渓谷の景色は、素晴らしい。
紅葉は、まだだけれど次々変わる風景を堪能しました。
水の色は、コバルトブルー なぜこんな色なのか、不思議です 

     黒部渓谷1 黒部渓谷2

昼食後、バスは、広島へ。やっぱり山の景色は、素晴らしい。
北アルプスの山々は、私には、登れないけれど
姿を見ているだけで心が洗われます。
次は、どの山が見られるのか楽しみです。

 ところで、この間我が家のくじらちゃんは、
初めてのお泊まりを体験しました。
11日の夜から14日の夕方まで、生まれ故郷の DOG DO で
預かって貰いました。頑張りましたよ  
初日は、泣いたけれど2日目からは、食欲旺盛で元気だったそうです。
この子は、大丈夫と太鼓判を押してもらいました 
でも、ママとのご対面は、大変でした。
顔じゅうなめられて、しばらく抱っこ  
可愛いったらありゃしない。
ママは、しばらくあなたの側を離れないからね。安心してね 



15:09  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.04 (Mon)

秋ですね

 九月の末に栗ひろいして来ました。まだ栗は、落ちてなくて、貸してもらった長い棒で大きめな栗を落として取りました。野生の血が騒いだのか  それが面白くて面白くて、もう夢中、それを開いて栗を出すのは、夫の役目。下ばかり向いててお疲れ様~  甘さは、まだまだ。少し早すぎました。

          栗 栗ひろい


くじらも参加、でも草の実まみれになっちゃって、大変でしたよ。

                    2010.9 くじら

持って帰った栗は、約1.5キロ、まだ日に当たってないせいか、白かったけれど、栗ご飯にしたり、お肉と一緒に煮たり、美味しく頂きました。

                    栗2

残りは、パパがマロングラッセに挑戦。「そんなめんどくさいこといや  」のママの一声で、パパが作ることになりました。ネットで調べて、只今製作中 

      マロングラッセ1 栗を一個づつガーゼに包んで  

      マロングラッセ2 茹でたあとシロップに漬けます

無事に出来るのでしょうか、楽しみです。パパ頑張ってね 

 今朝、外に出たら金木犀のあまい香りが漂ってきました。朝のピンとした空気の中ですから、しみじみ秋を感じます。例年ならもう少し早く香るのに……  我が家の彼岸花もやっと咲き始めました。お彼岸の頃、時が分かっているかのように姿を現すのに、枯れてしまったのかしらと心配していたから、うれしいです。

                  彼岸花

ここ数年、身近な人がよく亡くなります。そんな歳回りなのでしょうかね。彼岸花は、彼岸からの絵手紙なのかもしれないと、私は、思っています。あちらから祖父や祖母が、「 しっかり生きなさいね 」と私にエールを送ってくれているのかも。「 命は、自分の使える時間 」と日野原重明先生が徹子の部屋で、お話されていました。残りの時間を大切に使いたいです。

16:35  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。